FacebookTwitterHatenaLine

2019.03.31

起業家がお金を使うべき3つの自己投資

FacebookTwitterHatenaLine

起業家になったなら、今までのように漠然とお金を使うだけでは貯金が減っていく一方です。お金を増やすための使い方、すなわち投資を意識して日々を過ごすことを意識していくべきではないでしょうか。お金の使い方は消費か投資の2種類しかありません。将来的にお金を増やすのに役立つ、起業家がやるべき3つの自己投資をご紹介していきます。

 

1.有料の情報を得る

  • セミナーに参加する
  • 講座を受講する
  • 本を読む

起業家ならば、情報の取り方に気を付けなければなりません。情報には無料の情報と有料の情報の2種類があります。無料の情報とは、いわゆるインターネット検索やSNSで誰もが得られる情報のことです。一方で有料の情報は、セミナーや塾など自分でお金を支払って得る情報のことです。匿名性がある無料の情報というのは信ぴょう性がないですし、自分の人生に関わる重要なことを判断する材料として決定的な材料にしてはいけません。ネット上の匿名掲示板の書き込みには、発信者の責任が無いのです。情報の真偽も不明であり、実はほんの一部のノイジーマイノリティに過ぎない可能性があります。対して有料な情報は、発信者に大きな責任が生まれます。セミナーや講座の講師は、自分の経験や時流を踏まえて聞き手が満足するような情報提供を行います。例えばあなたがアフィリエイトなどのネットビジネスで起業したとするならば、ネット検索で得られる情報だけでサイト運営をするよりも、すでに確実に結果を出している方のセミナーなどを聞いた方が、ビジネスが成功する確率は高いです。本当にネットビジネスの経験があるかどうかもわからないネット上にあふれた情報よりも、実際に成果を生み出した人の情報の方が価値もあります。有料の情報をどんどんインプットすることは、この上ない自己投資なのです。

 

2.未経験を体験する

  • 旅行をする
  • 初対面の人にたくさん出会う
  • 新たなビジネスをスタートさせる

起業家なら、常に様々な角度からビジネスを考えるため頭の中の引き出しを増やすべきです。そのためには、今まで経験したことがないようなことに挑戦するべきです。旅行でも良いですし、初対面の方と飲み会を開くだけでも良いです。今の業態とは全く関係のないビジネスをスタートさせるのも良いでしょう。どれもお金がかかることですが、起業家にとっては立派な投資です。一つのビジネスを起業すると、どんなに順調に成長したとしても、必ずどこかで頭打ちになったり壁にぶつかったりします。その時に、一つの業界の経験しかないと打開策も浮かびにくく、ビジネスの広がりを欠いてしまいます。常に未体験のものを経験する習慣や意欲をもって過ごすことで、ビジネスに対しても柔軟な発想ができるようになります。旅行先で入ったお店でメールマガジンの会員を増やす良い訴求方法が見つかったり、初対面の方に会ったりすることで全く違った考え方の視点を持つこともできるようになります。どれもお金と時間がかかることではありますが、起業家として人間の幅を広げるという意図を持てば、自己投資になります。

 

3.身体を回復させる

  • 良いベッドマットレスを購入する
  • オーガニックフードを食べる
  • 整体やリラクゼーションに行く

どんなにビジネスのスキルがある人でも、頭の回転が速くクリエイティブな人でも、健康でなければ力を発揮することはできません。自分の健康を維持して、その日のダメージをその日のうちに回復するように努めることは、起業家として最も大切な要素の一つです。自分でビジネスを起業すれば、ある時期は寝る時間も削って働かなければならないこともあるかもしれません。だからこそ、良いベッドマットレスを購入して身体をしっかり回復させるように努めることや、食べ物を見直して健康を維持増進することを考えるべきです。ときには身体のプロにケアを任せるのも良い自己投資と言えるでしょう。

 

まとめ

消費としてお金を使うよりも、投資という意図のあるお金の使い方ができれば、起業家としてのスキルもアップしていきます。長期的な目線で見て自らを成長させるために、最低限の自己投資は今からしっかりやっておきましょう。

 

<参考リンク>

独立開業前に簿記を学んでおくメリットとは

起業する時のオフィスの形態とその詳細について知っておこう

TP Interview 004:株式会社i-plug HR&Business Innovation部 矢島慶佑(前編)

FacebookTwitterHatenaLine
FacebookTwitterHatenaLine