FacebookTwitterHatenaLine

2018.12.03

買うよりも安い!家具レンタルでお部屋をデザイン

FacebookTwitterHatenaLine

家具のシェアリングサービスを運営するElaly(エラリー)が提供するサイト「airRoom」では、月額500円のワンコインから椅子やテーブルなどの家具を借りることができます。初期費用は不要で、クレジットカードで決済のみで簡単にお手軽に利用可能です。また、利用期間は1カ月から12カ月で調整可能で、引っ越しや単身赴任、模様替えなどのニーズに合わせた家具の提供を実現できます。

さらに、月額5000円程度のパッケージプランでは、イス、テーブル、ソファなど部屋に必要な家具を借りるプランもある。今後は、雑貨や家電製品のレンタルサービスにも拡大を検討していく見込みとのことです。
家具の廃棄は、東京だけで約90億円、日本全国で約500億円もあるとされており、この家具シェアリングにより無駄な廃棄の抑制をすることが可能となる。

昨今の日本では、2人に1人は引っ越しの機会に何かしらの家具を買い替えていると考えられ、シェアリングエコノミーが普及する中で、家具も購入からレンタル利用という考えが広がっていくことが見込まれています。
実際の家具の市場は縮小傾向にあり、特に地方のメーカーでは倒産が増えている一方で、貸し出す家具は、地方の家具メーカーなど提携する数十社から調達し、東京を中心に都心部の人に利用してもらえば、地方から高品質な家具を提供するサイクルを確立し、メーカー自身にも貢献が可能です。

<参考リンク>
airRoom

ビズリーチ、スタートアップ向け資金・採用支援サービス開始

お店が「ロッカー」「クローク」に早変わり!?日常から生まれるビジネスアイデア

FacebookTwitterHatenaLine
FacebookTwitterHatenaLine