FacebookTwitterHatenaLine

2018.10.09

2020年に必須なビジネススキルTOP10 ~後編~

FacebookTwitterHatenaLine

前編では「2020年に必須なビジネススキルTOP10」の第10位から第6位までをご紹介しました。今回、後編では、いよいよ第5位から第1位までを見ていきます。

 

第5位 「人と協力すること」

他者との関係の中で調整しながら協力できるスキルです。
仕事が成功するかどうかは、関係者と協力できるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。

ビジネスマンには個人の能力の高さだけではなく、コミュニケーション能力と協調性も不可欠です。それによって影響範囲がより広く深くなり、ビジネスの結果も大きく変わります。

円滑なコミュニケーションや情報共有などをアシストするITツールも普及しており、それらを活用しながら高いビジネス成果を残すことが求められるでしょう。

 

第4位 「マネジメントスキル」

マネジメントスキルに対するニーズは非常に高くなり、優秀なマネージャーを確保するための企業間競争が激しくなると予想されます。

日本では、マネジメント能力を管理能力と考え、チームメンバーの活動を把握し、目標未達などに対し指摘・指導する能力と考えがちです。しかし、ここでのマネジメントスキルは、関係者のやる気を引き出し、成長させ、最適な成果を出す能力のことです。
チームメンバーの活動を阻害せずに状況を把握できる環境づくりや、懸念を吸い上げられる信頼性、円滑なチーム活動をサポートする能力なども求められます。

日本の管理職で、この能力を発揮できている人は、世界と比較すると非常に少ないと言えるでしょう。

 

第3位 「クリエイティビティ(創造力)」

クリエイティビティとは、アイディア力・創造力のことです。
アイディア力とは、新しいアイディアを出す能力のことで、独創的かつ柔軟な思考力も同時に求められます。

また創造力は、出したアイディアを具体化し、それを形として創り上げる能力のことです。

クリエイティブの代表例はiPhoneです。人々が欲しいものを斬新かつスマートに具現化し、世界に浸透させ、洗練させ続けるプロセスは、まさにクリエイティブと言えます。

 

第2位 「批判的思考力」

この批判的思考力は、クリティカル・シンキングとも言われ、あらゆる物事の問題を特定して、適切に分析することによって、最適解に辿り着くための思考方法です。

ただし、「批判」の定義については論者によって異なり、多くは単に否定的になるのではなく、自身の論理構成や内容について内省することを意味しています。(出典:Wikipedia)

批判的思考をするには、必要な情報を十分に確保し、それらをクロス思考し、適切な判断をする能力が必須です。
これは非常に高度な能力です。机上の知識だけでなく、実際に成功・失敗体験を重ねてきた上で、直感的に情報を正しく判別する必要があり、長年のビジネス経験によって培われるものです。

ロジカル(論理的)に、また推察力によってさまざまな製品やアプローチの長所・短所を把握できることも求められます。
批判的思考力は、IT技術による自動化が普及してもなお、機械的に補うことのできない能力であり、今後も重要性が高まることでしょう。

 

第1位 「複雑な問題解決力」

2020年に求められる能力の第1位は、複雑な問題解決力です。

ビジネスの問題は、人材不足・販路拡大・活動の効率化・事業計画の軌道修正など多岐に渡ります。特に中小企業においては、これら全ての問題を同時抱える状態が永続的に続くことも珍しいことではありません。
問題を解決するために、自社にとってどのような対策が必要なのか。具体的には、社内のリソース配分、人的支援サービスやITツールの導入検討なども必要になります。

「The Feature of Jobs(仕事の未来)」によれば、2020年までに全ての業界で、複雑な問題解決能力を基本スキルとしてもつ人を、全雇用の36%にすることを目指しています。

 

「2020年に必須なビジネススキルTOP10」をまとめます。

第1位 

複雑な問題解決力

第2位 

批判的思考力

第3位 

クリエイティビティ

第4位 

マネジメントスキル

第5位 

人と協力すること

第6位 

感情的知性

第7位 

判断力と意思決定能力

第8位 

サービス思考

第9位 

交渉スキル

第10位 

柔軟な判断力

 

こうして見ると、そのほとんどが長年のビジネス経験から培われる能力や、人間ならではの社会的スキルであることがわかります。

一見すると、これらの能力レベルは非常に高く、不安になる部分もあるかと思います。実際、世界から見ると、日本のビジネス能力、とくにIT技術に対する一般の対応レベルは低い傾向にあり、マーケティングやマネジメントといった世界で急速に普及が進んだビジネス能力の普及も遅い傾向にあります。

しかし、これは裏を返せば、あなたにとっては大きなチャンスだと言えます。あなたが上記のスキルを積極的に身につければ、あなたの市場価値は上がり、出世、起業、転職など、いずれの道を選ぶにしてもチャンスは増え、成功しやすくなることでしょう。

10種類すべての能力が重要とされ、求められるとは言え、全てを同時に等しく磨いていくことはできません。あなたは特にどの能力を重点的に磨きますか?そのためにどんな選択、行動をしますか?これを機会にぜひ戦略的に考え、早速行動を始めてみてください。

<参考リンク>
2020年に必須なビジネススキルTOP10 ~前編~

天職に就く方法

起業アイディアの考え方

FacebookTwitterHatenaLine
FacebookTwitterHatenaLine