FacebookTwitterHatenaLine

2019.01.27

起業するなら勉強会に行くべき?参加をすれば得られること

FacebookTwitterHatenaLine

起業をする人が、勉強会に行くケースは多いですよね。実際に起業をするのなら、勉強会に行くべきなのでしょうか。
もし行ったとしたら、何が得られるのかについてお伝えしていきましょう。

起業に成功した人の話を聞くことができる

起業に成功した人は、自分にとって憧れの存在。この憧れの存在からどうすれば起業をして成功できるのか、必要なノウハウについて聞くことができるでしょう。
起業に成功した人の持つノウハウは人それぞれ違う場合があるため、様々な勉強会に行くようにすると得られるものが違ってきます。
しかし、自分が求めていた内容を得られるケースもあれば、自分にとってはあまり納得できない内容のものもあるでしょう。

このため、いくつかの種類の勉強会に行くことが必要とされるのです。多くのものを得られたと充実感が持てるものもあれば、どこか物足りなさを感じる勉強会もあるでしょう。
そこから自分が本当の意味で求めている情報が分かるケースもあるのです。

情報交換ができる

これから起業をする人同士で話して、情報交換をするのも可能です。勉強会の間にこういった時間が設けられているケースは、とても多くあります。
自分の得てきた情報を人に伝え、人からは情報を貰うことができる。この時間はとても意味のあるものなのです。
一人で起業について模索をするよりも、同じように起業しようとしている人と話すと親近感がわきモチベーションアップにもつながりますよね。

勉強会に参加をすると、起業について深く話せる友人ができる可能性があるのです。深く話すようにすると、自分の希望や目標そして理想について見つめ直すきっかけになることもあるでしょう。

起業のタイミングについて知ることができる

起業の前に勉強会に参加をすると、どのタイミングで起業をするべきかが分かるケースもあります。
人によりタイミングは違うものですよね。自分ひとりで起業のタイミングを見つけようとしても、自信が持てずに悩んでしまう人は多いのです。
でも勉強会に参加をすれば講師とのやりとりもあり、この中で起業のタイミングを自分自身で見つけやすくなるのです。
自分にとってのベストなタイミングを理解すれば、その時期に向けて準備を始めて行けるでしょう。

起業できるかどうかが明確になる

起業のための勉強会に参加をすると、本当に自分が起業できるかどうかが明確になる可能性があります。
誰でも起業ができる業種やジャンルもあれば、そうではないものも。こういった内容についても、理解をするのが可能なのです。
勉強会に参加をしたため「このジャンルなら起業できる」と、思える例もあるでしょう。そして起業を夢だけで終わらせずに、現実化できるかどうかも分かるはずです。

基礎から学ぶのも可能

起業のための勉強会といっても、様々な種類があります。中には基礎から起業について学べるものもあるでしょう。
基礎については、自分では理解をしているつもりでも案外知らない内容は多いものです。これについて勉強会で知ることができれば、起業に対して更に着実な歩みが出来るでしょう。
基礎から学び、応用へと進んでいく方法もあります。この方が、起業への遠回りではなく結果として近道になる例もあるのです。

まとめ

起業のための勉強会は、起業前には行くようにしておきたいですね。口コミなどで人気のある勉強会について、見つけることができます。
自分に合う勉強会は、自分の得たい知識を得られたり、知りたい内容を教えてくれたりするもの。これを見つけられれば、起業への道が開けてきたように思うでしょう。

 

<参考リンク>
TP Interview 005:株式会社家’s 代表取締役社長 伊藤昌徳(前編)~脱サラ後、手探りで地方起業に走り出し、地方創生のビジネスモデルを確立した経緯に迫る~

「やりたいこと」と「できること」からの起業テーマの発見

運転資金は想定以上にかかる!

FacebookTwitterHatenaLine
FacebookTwitterHatenaLine