FacebookTwitterHatenaLine

2019.03.31

年収アップするには?攻めの転職は職歴を活かせ!

FacebookTwitterHatenaLine

「転職で年収アップをしたい」

「転職で年収をあげることは可能なのかな」

不安になりますよね。

でも、大丈夫です。

転職で年収アップをするコツは、職歴を活かしての転職を行えば十二分に可能です。

今回は、転職で年収アップするための具体的な方法について徹底解説させていただきます。

 

職歴を活かせば、キャリアアップはしやすい。

職歴を活かすことで、中途採用者は年収アップをすることが可能です。

理由としては、経験者は他社で同じ職種の仕事をしてきたことで新しい職場に新しい仕事のやり方を持ち込んで活躍してくれるという期待を持ってもらいやすいためです。

給与もアップしますし、経験者としての年数がそのまま活かされるため、給与アップも昇進もしやすい傾向にあります。

 

未経験者の給与は下がる。その理由とは?

未経験者の給与は下がる傾向にあります。

理由としては、未経験で転職する場合には、基本的には、再教育の必要性があるためです。

日本企業では未経験者は新卒を採用することで補う傾向にあるので、中途採用者に対して教育コストをかけることを嫌がる傾向にあります。

そのため、未経験者として転職すると給与が下がる可能性が高くなります。

 

何をもってキャリアアップと考えるのか。

年収アップをキャリアアップとしてとらえると、経験している職種以外での転職は非常に難しいものになります。

理由としては、転職の基本は即戦力での採用となるためです。

年収アップをキャリアアップと考える場合は、これまでの経験を活かして転職をしたほうがうまくいく可能性が高くなります。

 

そもそも、なぜ転職をするのかを考えよう。

そもそも、なぜ転職をするのかを考えるようにしましょう。

年収アップを目的とした転職であれば経験職種が一番となりますが、そもそも、本当にお給料が上がっただけで満足できるのかどうかなど、自分自身の望むキャリアとしっかりと方向性を考える必要があります。

自己分析を行い、お給料だけでが上がれば本当に満足なのかどうかなどをしっかりと伝えるようにしましょう。

 

転職だけではなく、起業して視野を拡げるという選択肢もある。

転職だけではなく、自分自身で起業をして視野を拡げるという選択肢もあります。

特に自分自身で会社を動かして、利益を自分で作り出す感覚を掴むことができれば非常に良いキャリアとなる可能性があります。

また、会社にお給料を依存しないという体験もできるため、経営者側の目線がわかり、自分で稼ぐ力も身につくということになります。

簡単にはいきませんが、実力を短期間で身に着けることが可能なので、検討してみる価値があります。

お給料を支払う側の苦労を知れば、転職後も大活躍をできる可能性が高くなります。

 

攻めの転職をして、キャリアアップをしよう!

これまでの職歴を活かしたり、一度キャリアの間に起業して自分の力で稼ぐという経験を挟むことで、飛躍的なキャリアアップが可能となります。

転職というと、どうしても会社に雇ってもらうという意識になりがちですが、自分自身に実力があれば企業から望まれる存在になるため、攻めの意識で転職活動を行うことが可能です。

これまでの職歴を活かした転職であれば、転職後に居づらい思いをすることも少なく、給与も高くなります。

自分で会社を立ち上げた経験があれば、経営者の苦労を知り、仕事に専念できる環境のありがたさなどを知ることが可能です。

経験を活かして、攻めの転職を実現できるようにしてみましょう。

攻めの姿勢を忘れなければ、必ず良い結果が生まれます。

 

<参考リンク>

人生というキャリアの方向を決めよう

サラリーマンとフリーランスの違いとは

TP Interview 006:SecreT ART タルトアーティスト 山崎照氏(前編)

FacebookTwitterHatenaLine
FacebookTwitterHatenaLine