FacebookTwitterHatenaLine

2019.03.31

フリーランスは孤独との戦い!孤独を味方につけよう!

FacebookTwitterHatenaLine

「いざ会社を辞めてフリーランスになったけれど、1日誰とも話さないから不安になる」

「お金は稼げているんだけど、寂しい」

フリーランスになって寂しいという感情を持ちながら仕事をしている方は非常に多いです。

でも、大丈夫です。

私もフリーランスとして活動していますが、孤独感との戦いに打ち勝って今日も仕事をしています。

今回は、フリーランスが孤独に負けない方法について、徹底解説させていただきます。

 

在宅ワークのフリーランスは、孤独との戦いになる。

在宅でフリーランスの仕事をしている場合は、孤独との戦いになることが多いです。

理由としては、フリーランスの仕事はインターネットを経由して仕事をすることになりますので、人と話す時間が減っていくためです。

ずっと黙々とパソコンに向かうことが苦ではない人にとっては良い環境ですが、そうでない人にとっては1年もすると孤独感が出てきます。

 

孤独感に耐えきれなくなる前に、交流会などで会話をしよう

フリーランス同士での交流会や、異業種の自営業者などと集まることで、孤独感に打ち勝つことができます。

フリーランスになって成功していると言われている部類の人たちでも、先の見えない状態や、税金などの問題で苦しんでいることは多いです。

フリーランス同士で様々な不安を共有することで、みんな意外と同じことで悩んでいることがわかり、安心感をもって仕事を進めることができます。

 

体力の低下は深刻な問題になる

自宅での作業が長くなりがちなフリーランスは、体力の低下が深刻な問題になることもあり得ます。

会社への通勤時間だけでも、意外といい運動になっていることに気が付きます。

毎日時間をとって30分でもいいから走るなど、体力を自分で強化するように意識する必要があります。

知らず知らずのうちに体力が低下していて、いつの間にか仕事をする気力も失ってしまうという方もいらっしゃいますので、しっかりと体力をつけるように運動するクセをつけるようにしましょう。

 

積極的に運動を取り入れよう

運動を日常生活の中に取り込むようにしましょう。

スポーツジムに無理やりでも通うなど、習慣化することが大切です。

隙間時間を見つけてダンベルで腕の筋肉を鍛えるなど、独自の方法で体力の低下を防ぐようにしましょう。

 

1人で考え込むよりも、同じ悩みを持った仲間を見つけよう。

フリーランスはまだまだ人口も少なく、新しい働き方を探している最中でもあります。

まだまだ未知数な部分の多い働き方な分だけ、悩んでいる人は非常に多いので、1人で考え込むよりも同じ境遇にいる仲間を探すようにしてみて下さい。

1人で抱え込むよりも、何人かで悩みを共有したほうが、結果的には気持ちが楽になります。

 

孤独な時間がないと、作業量は確保できない。

孤独な時間があると不安になりますが、孤独な時間がないと作業量を確保することができません。

プログラマーやライター業、コンサルタント業などもそうですが、1人でいる時間を確保できないと作業が出来ない性質の仕事もあります。

うまく折り合いをつけて作業時間をできるだけ短縮して、仕事を前に進めていくことが大切です。

いつまでも不安になっていると作業する時間そのものが確保できず、収入が減っていきます。

適度に作業時間を確保して、適度に外にでる時間を確保するようにしてください。

自分に合ったスタイルの仕事の進め方を確立するまでは、非常に辛いこともありますが、自分にあった仕事スタイルを見つけることができれば、ストレスは減ります。

孤独を味方につけつつ、うまく収入を確保し、生産性を向上できるように行動していってください。

 

<参考リンク>

フリーランスに必要なことは、鈍感力!前向きに仕事をしよう!

フリーランスになるために、必要なことは?

TP Interview 007:TRICHROMATIC COFFEE 石原剛氏(前編)

FacebookTwitterHatenaLine
FacebookTwitterHatenaLine