FacebookTwitterHatenaLine

2019.01.28

コンサルタント起業って、現実はどうなの?具体的に提供できるものが必要!

FacebookTwitterHatenaLine

コンサルタントってどんな仕事なのだろう?
コンサルタント起業って、どうすれば始められるのだろう?
コンサルタントは、設備投資も必要ないですし、名乗れば誰でもできてしまう仕事でもあります。
その身一つで仕事を始めることができるビジネスですね。今回は、コンサルタント起業について、徹底解説させていただきます。

コンサルタントは、経験がカギになる。

コンサルタントを開始するにあたっては、コンサルティングを行う対象について、どれだけ経験があるかどうかが大切です。
コンサルタントの仕事は、企業などで、うまくいっていない仕事をうまくいかせることを助ける仕事です。よって、様々な会社での実務経験を持っていることがカギとなります。

コンサルタントは、名乗ればだれでもなれてしまう。

コンサルタントは、名乗れば誰でも出来てしまう仕事なので、ハッキリ言って胡散臭い仕事だと思っている経営者も多いです。名乗れば誰でもなれてしまう仕事だからこそ、それまでの仕事での実績などが大切になってきます。
また、会社員時代の経験が役に立つこともありますが、ほとんどは独立してから出した実績をベースに、声がかかることが多いです。

ビジネスの実態把握が大切

コンサルタント先が見つかると、顧問契約などを行うことになりますが、他の会社でうまくいっていたやり方をそのまま他社に持ち込んでも、うまくいかないことが多いです。
コンサルタント先のビジネス上の課題などを分析し、これまでの自分自身の経験から、「これをこのタイミングでやったらうまくいくな」という風な提案をするために、コンサルタント先のビジネスの実態把握を行いましょう。
ビジネスモデル、在籍している社員の気質、会社の考え方などを踏まえておかないと、まったく成果を出せずに契約を終了されてしまうこともあり得ます。

コンサルタント先を見つける努力をしよう!営業力が一番大切

コンサルタント先を見つける努力をするようにしましょう。
顧問先を複数持たないと、生活が安定しません。また、1社だけのやり方しか知らないと、他の会社での問題解決の知見も手に入りません。
営業努力をして、顧客を獲得することが、一番の事業継続のカギとなります。

コンサルタント業は、成果の見えない業務が多いので、根気強くやることが大切

コンサルタント業は、成果の見えにくい仕事の一つです。
例えば、人事コンサルタント業務などで、人事制度などのコンサルティングなどは、制度を作り変えてから成果が出るまでは非常に長い時間がかかります。根気強くやっていく覚悟がないと、なかなか成果が見えずに、精神的に参ってしまうことも非常に多いので、長くしっかりと腰を据えて仕事を進めることが大切です。

コンサルタント業を通して、様々な経験を積める

コンサルタント業は、様々な会社の問題解決を行うことができる仕事です。
人事コンサルタント業であれば、中小企業や零細企業などで、人手不足に陥っているなら、どんな種類の求人広告を打てばよいのか、など企業規模によってとるべき戦略などが違うことを知ることができます。様々な規模の企業をコンサルタントとして、支援することで良い経験を積むことができます。
また、コンサルタント業を行うと経営者などともつながりができるため、コンサルタントの仕事は、お金に関する活きた知識を学ぶこともできます。
会社の利益になっている部分はどこなのか、そうやって会社は成り立っているのかなどを深く知ることができるため、非常に勉強になる仕事でもあります。

 

 

<参考リンク>

TP Interview 002:日替わりBar Tonzura オーナー 櫻井謙充(前編)~会社員生活を辞めて独立へ。自由を掴むための起業とは?~

雇われないなら何歳までも働ける!シニアからの個人起業のすすめ

売れるビジネスアイディアの発想法

FacebookTwitterHatenaLine
FacebookTwitterHatenaLine