FacebookTwitterHatenaLine

2019.03.31

起業についてコンサルに相談するべき?正しい選択について

FacebookTwitterHatenaLine

起業についてコンサルを受ける人もいます。専門家に相談をすることで、安心感を得て起業についても成功ができると思うのでしょう。

今回は、起業についてコンサルに相談するべきかどうかを、深くお伝えしていきましょう。

 

コンサルについて

コンサルという言葉を、よく聞くようになりましたよね。この理由としては、起業してコンサルになっている人が、とても多いのからなのです。

ではコンサルになるにはどうしたらいいのでしょうか。実はコンサルタントになるためには、資格は特には必要ではないのです。

つまりは、誰でもコンサルになれると考えても良いでしょう。実績がなくても経験を積んでいなくても、コンサルになることができるのです。

しかも初期投資が要らないので、楽に始められると思う人もいるでしょう。しかしコンサルとして生計を立てていくためには、収益を得る必要があるのです。

つまりは「この人に相談をしたい」と思ってもらえるコンサルになるために、宣伝や努力をするのが大切に。これができてこそ、コンサルとしての仕事は成り立つのでしょう。

 

マーケティングについて

コンサルを受けるとしても、マーケティングについては、自分自身で行う方が良いでしょう。考え方は様々ですが、マーケティング関連の本を読んで必要だと思う部分をノートに書いていくようにすると良いですね。

自分の中で、どのようなビジネスモデルが理想的なのかが分かってくるでしょう。実際に書いた内容については、普段から意識をして実践をしていきましょう。

コンサルをしてもらうとしても、マーケティングについての知識は自分で習得した方が、確実に身に付きます。

人から教わるだけでは、この時には頭に入ったとしても実践にまで至らないケースが多いことを、知っておくようにしましょう。

 

コンサルを受けるとしたら

もし起業をするにあたりコンサルを受けるのなら、口コミやネット情報だけではなくて、実際に問い合わせをして、話すようにしてみましょう。

最初だけ親切にしてくれても、段々と疎遠になってしまうような場合もあります。そうではなくて、きちんとコンサルをしてアイデアなどについても教えてくれる、こういうコンサルタントを見つけるようにしましょう。

たまに、色々なコンサルから話を聞こうとする人もいますが、それぞれのコンサルタントの言う内容が違うため、混乱してしまうリスクがあります。

かといって、1人のコンサルの言う内容だけが正しいというわけではないですよね。自分の中での「こうありたい」「これを目指したい」と思う気持ちを、信念として持ち続けるようにしましょう。

それには、行動力も必要になるのです。本を読んで知識を得るのも大切ですが、これについて行動をしていくのも、とても重要でしょう。

行動をすることで、自信につながるケースもあるのです。コンサルを受けて自信を得るのも良いですが、自分が行動することで自信を得られるのも素晴らしいですよね。

 

考え方について

起業についての相談を、知人や友人にはしづらいと思う人もいます。こういう人なら、コンサルタントに話を聞いてみるのも良いでしょう。

自分だけの考え方では、偏りが出ている場合もあります。でも人の話を聞くようにすると、新しい発見もあるでしょう。

こういう発見が、後々自分を救うものになる可能性もあるのです。

 

まとめ

起業のことでコンサルを受けると、これによって成功率が高くなるのかというと、それは一概には言えないものです。

でもコンサルを受けたい思いが強いのなら、一度問い合わせをして対応を見てみるのもひとつの方法ですね。

自分にとっての起業への展望に、役立つようなコンサルタントが世の中にいるかもしれません。

 

<参考リンク>

ビジネスは小さくスタートしよう

起業するなら、下請け型のビジネスは避けよう。独立して稼げるようになるには?

TP Interview 005:株式会社家’s 代表取締役社長 伊藤昌徳(前編)

FacebookTwitterHatenaLine
FacebookTwitterHatenaLine