FacebookTwitterHatenaLine

2018.10.05

起業アイディアの考え方

FacebookTwitterHatenaLine

起業といえば、まずはどんな商品・サービスを扱うか、どんなビジネスモデルで勝負するか、どんな業界・業種を選ぶか、そんなことから考えるのではないでしょうか。

では、具体的にどうやって起業のアイディアを考えればいいのか?それを紹介していきます。

あなたの得意なことを生かす

これが最も勝負しやすく、結果が出やすい方法でしょう。

例えば、営業マンで営業が得意なら、営業代行で起業する、コンサルタントをしていて独立するなどです。

あなたがやりたいこと・好きなことを考える

これまで仕事としてやってこなかったことで、やりたいことです。例えば、カフェやレストランなどの飲食店はよくあるわかりやすい例です。

自分の悩みを解決する

「もっとこういうものがあればいいのに、なんでないんだろう」という悩みをきっかけに、無いなら自分でつくってしまおうということです。世界中であなた一人だけが悩んでいるということはないので、同じ悩みを抱えている人が多数存在しますから、そこにビジネスチャンスがあります。

誰かの悩みを解決する

全てのビジネスは問題の解決ですから、この方法が基本です。あなた以外の誰かに直接悩みを訊いて、それを解決する方法を考え、それをビジネスにする、いわゆるマーケットインの考え方です。

成功事例を輸入する

海外で成功している事例を調べてそれを取り入れる方法です。わかりやすいのは洋書を翻訳して販売したり、まだ日本では広まっていない新しいフードを展開したりするビジネスです。

流行り始めているビジネスに便乗する

最近だと民泊が急激に増えてきていますが、そうした流行り始めているビジネスに便乗すれば、マーケットが急速に拡大中のため勢いも人気もあり、追い風状態のため売上成長しやすいです。もちろん、一過性で終わるようなビジネスに手を出してしまうと縮小してしまうので注意が必要です。

まとめ

以上、起業アイディアの考え方には、

・あなたの得意なことを生かす
・あなたがやりたいこと・好きなことを考える
・自分の悩みを解決する
・誰かの悩みを解決する
・成功事例を輸入する
・流行り始めているビジネスに便乗する

が主に挙げられます。

一番のおすすめであり、ポイントは

『あなたの得意なこと』

『あなたが好きなこと』

『多くの人が求めていること』

この3つが揃っていることが何か、それを考えることです。注意すべき点は、得意なことを仕事にすれば、上手に楽にできますが、好きという情熱がないと続けるのが大変になります。逆に、好きなことが必ずしも得意であるとは限らないので、それも要注意です。そして、好きで得意でも、あまりにもマーケットが小さければビジネスとして成り立たず、自己満足で終わってしまいます。

以上を踏まえて、1つのアイディアにとらわれずに、色々な人とディスカッションしながら起業アイディアを考えてみてください。

FacebookTwitterHatenaLine
FacebookTwitterHatenaLine